FC2ブログ
こどもパワー
こんにちわ。CATCメンバーのchiyoです。


おととい、私が主宰するこどもアート教室「エンガアート」で無料体験会を開催しました♪ → http://engart.org

「工作バイキング」と題して、100種類の材料をどーんと用意し、自由工作をしました。子供の参加人数は8名、部屋の中は子供達の元気なエネルギーでいっぱいになりました!

部屋に入るなり、「工作嫌~い、やりたくな~い!」と言っていた子も、たくさんの素材に触れ、他の子達と交流をもつにつれて、自然と笑顔になっていました。

子供の笑顔を見ると、本当に嬉しくて、幸せな気持ちになります。
10年間、色んな子供達と関わってきましたが、いつもいつも、そこには笑顔が満ちていました。どんなに辛い事があっても、子供達といるだけで、心機一転、元気な私に戻っていたりします。それぐらいに、子供のエネルギーは浄化作用があったりします。

そんな私が独立して、子供の教室を開くなんて、10年前には思ってもみませんでした。
ただ、アートが好きで、子供が好きで、たくさんの人との出会い、縁によって、ここまで導かれてきたように思います。

これからまた新しく出会う子供達と一緒に、価値ある体験をし、笑顔とユーモアのある素敵な教室をつくりだしていきたいと思っています!


それではみなさん、素敵な夏休みを~♪

chiyo
スポンサーサイト



苦手なものってなんですか?~継続って力なり!?~
こん○○は!そして始めまして!いよいよmegの最初の出番です!

さて、突然ですが(突然も何も、「書き始め」なのだから何を言っても突然です。)
みなさん「苦手なもの」って、ありますか?

私は、実は…たくさんあります。(あっはっは)

「継続する」そう、これもけっこ~「私の眉毛がかなり寄る苦手ジャンル」に入るものです。
書き取りも、夏休みの観察記録も、日記(!)も、クモンも恋愛も…!?
なんて。「継続」出来なかった事が思い出されます。

いやぁ~。それにしても

「継続」

硬くてしかめっ面しそうなこの単語のイメージはなんなんだろう。
そもそも私は何故、「継続」が「苦手」なんだろう?

継続といえば、一つ思い当たることがありました。
それは母に「いっつもめぐは何をやっても続かないから!」と、よく言われていた事です。
母の言葉。「継続は力なり、お茶だって踊りだって、10年やれば熟練者。20年続ければ先生です。」

う~ん。確かに!

私は色々習い事はさせてもらったし(つまりあれこれ変えたって事)
お勉強も塾もカテキョも続かなかった。

でも、だからって…私は、本当に「なに」をやっても「続かない」子だったかな?

改めて考えてみると、ちょっと違います。

まあ、オネダリして買ってもらったアイスクリームを、最後まで食べきれない
っていうのは、お母さんにしてみは大変困ったものだったでしょうが。(ごめんなさいw)
それでも他に、続いていることも、私だから出来ることもいっぱいあります。

笑顔で、誰よりも高らかに笑えます。
とっても元気です。
困っている人の傍にいると一緒に悲しくなります。
絵を描き続けています。
言葉を綴り続けています。
大好きな人に 大好きと 伝え続けています。

確かに、私は習い事も、お勉強も、アイスクリームも継続は苦手な子でした。
でも、「なに」をやっても「続かない」子では、どうやらなかったみたいです。
だってこんなに続いていることがありますから。

うむぅ~?

むしろ、もしかして、私、「継続」は「得意」とも言えるんじゃない!?
なんて、ね。 

我慢すること、耐えること、それを学ぶことは確かに大切です。
何故って、そうすることでしか得られない結果も、すごく沢山あるから。
そこでしか得られないキラキラも、笑顔も。たくさんあるからです。

でも、どんなに続けても、ゴールや達成感が無ければ途方にくれちゃうし、
それが苦痛になってしまったら、どうなんでしょうか?

運動が苦手な子、勉強が出来ない子、学校に行けない子、朝起きられない子
そういう前に得意 苦手 で考えるんじゃなくて、個性って考えてみるのはどうでしょう。
だって人間、やりたい事しか出来ないし、出来ることしか出来ませんもの。

私たちは、赤ちゃんが笑っているだけで幸せな気分になれる お得で素敵な生き物です。
そして、そうして世界中が笑顔でいれば、それだけで世界は平和になっちゃいます。

笑顔には 「頑張って」いるだけでは なれません。
頑張って「笑顔」をつくっても、平和にもなりません。

笑えないときも沢山あります。大変で、なんであたしだけ!?って思うときもあります。
誰も誉めてくれない時もあるし、がんばっても結果が得られないときもあります。みんなあります。

だからこそ、そんな時こそ、もっと顔が晴れるように『顔晴って(がんばって)』いきたいです。

(※頑固につっ張る「頑張る」って大変だけど、顔が晴れるの「顔晴る」だったら、やりたくなる気がしませんか?)

うん。そうか。 

「継続」 それは確かに 力なりだぞ!
わたしもずっと、もっと、笑顔でい続けていたいもの!

今回のこのブログは、続けられそうでわくわく楽しく嬉しくなっています!
更新が遅れたり、トラブルはあるかもしれませんが、ぜひ皆さんも楽しんで読んで、
そしてぜひぜひコメントに参加してくださいね!

CATCしか見ていないブログじゃぁ~、寂しいですから!!(サムイし…)

もっと顔晴れ!私たち☆さぁ~!CATCブログ!続けますよー☆☆☆


っと、うまくまとまった(?)所で、今週末からは、女神山という所で、表現アートの合宿です。

アート表現ワークショップ in 女神山

http://www.questnet.co.jp/experience/megami.html


本当の自分へのプレゼント。
めいいっぱい癒されて、自分を開いて発散してきたいと思います。

そして、現実に帰ったら

1回でも多く私から変われるように。
一度でも多く、笑えるように

そのエネルギーの泉を満たす為に、十分癒されてきます!

いや、しかし書き始める前は、みんなでやるからオキラクだーい!とか
思っていたブログだったけど、なんだかいざ書いてみるとドキドキ。
何を書いていいのやら~?ってみんながいっていた気持ちがわかります。
あ~全然受け取ってなかったよぉ~ CATCのみんな、ごめりんこ。

ということでめぐの今回の出番はおしまいです。あー楽しかった!




お次の出番は、もうかれこれ二年以上のお付き合いです。
前世では多分巫女さん経験有だとめぐは思っています!
自然とアートとともに生きる、素敵な女性 chiyo です!





2007 夏 マイブーム
はじめまして・・・kanaminです。

最近のマイブームは、ガラ先生の診療を受けること!
ガラ先生(ドクターフィッシュ)とは、ガラ・ルファというトルコなどの温水にいる魚で人間の古い角質を食べてくれる、なんとも不思議な魚です。ドイツでは医療行為として認められているそうです。

070709gara.jpg


足を温水に入れると一目散に擦り寄ってくる勢いでくすぐったくて笑ってしまいますヨ!また電気風呂のようにビリビリした感覚にもにていてイタ気持ちいいのです。

私の通っているところの診療は10分間、先生にモテモテです(笑

終わった後の爽快感はなんともすばらしく、目が離せません!

この終わった後の爽快感で私は癒されています。私にとって『癒し』とは、すっきりして楽になり喜びを感じていること。キャラバンの活動でもある、アートセラピーを通じて私はたくさんの癒しを体験してきました。

ドクターフィッシュのように、自分の持っている資質で喜びや癒しを与えられたら素敵ですね。
「夢の実現までの軌跡①」~はじまり~
みなさん こんにちは。キャラバンのユッキーです。

私がアートセラピーを学び始めたのは、かれこれ7年前になります。

時代はまだアートセラピーという言葉すら知れ渡っていない頃。
(今も何それ?と言われることもあるけれど・・・)
そうそうよくアロマテラピーと間違われていましたね。

アートセラピーの教室で一番最初に描いたのは写真にある絵です。

20070702102457.jpg

説明すると、ショウウインドウに飾ってあるドレスをライトが照らしていて
私はそれに見とれているというような場面の絵です。

☆念のため付け加えておきますが、私には上手に描くという技術は持ち合わせておりません。
 なので少し恥ずかしいのだけれど、アートセラピーは「上手下手」という見方はしないのです。
 だからみんなもジャッジしないで~(やや強制的)


この絵はイニシャルドローイングと言って「事始めの絵」です。
アートセラピーを学ぶ前にこれからの自分へのテーマやヒントをこの絵からいただきます。
いわゆるビジョンを決めて出発するということです。

これ結構大事で、何も決めずにただ学ぶことは簡単にできるけど
せっかく大枚はたいて学ぶのだから、意味のある学びにしたいじゃない。
事前に決めておくことで意識化され、自分が何をやっているのかわからなくなった時
ここへ戻るわけですよ。ビジョンへ。

自分の立ち戻る位置がはっきりしているからこそ、ぶれたことにも気がつくし
自分がどういった時にぶれるのかもわかるようになってくる。

これを描いた日は「2000.10.28」
ちなみに私の誕生日だったことに今日気がついた!
ちょっと運命的な絵。

でもこの頃の私はまだまだ今よりもっと未熟者だったので
全然この絵から読み取れなかった・・・
今見るとよくわかる。
なるほどーあの頃の私は確かにこんな感じだったなぁ なんて。

だけど、この絵の裏に私のビジョンがしっかり文章化されていた。
「アートセラピー認定試験に合格し、研修生になり、一年経て、自分の満足のいくセラピストとしての道を歩む」



これが今の私をつくる夢の第一歩だった。
Copyright © CATCブログ:現役アートセラピスト達の声. all rights reserved.