FC2ブログ
夢の実現までの軌跡③ ~大切なメッセージ~
冬らしい寒さになってきましたね。
みなさんは風邪など引いてないでしょうか?

最近めっきりミクシィにも日記を書かなくなってしまいました。
うちのパソコンがある部屋は異常に寒くて、長時間入力していると肩こりが悪化してしまうのです。
そんなわけで久しぶりのブログ。

前回のつづきです。(いつまで続くのか?仲間にもきかれましたが不明です)
私の再出発のイニシャルドローイングはこちらでした。

inyk2233.jpg


<ストーリー>
ビルの屋上に身を乗り出している私。目の前には一面雲が光っているような、飛行機から見えるような景色。
その雲で下の景色は見えない。このまま飛び降りようか?と迷ったが、なぜかやめて階段で下へ降りていく。
途中で小さな女の子に出会う。
その子は「ずっと待っていた」と言う。「上に行く?」とたずねると「下へ行く」と言う。
手をつないで一緒に降りていく。
更に下っていくと、おじいさんに出会う。
おじいさんとも同じやりとりをして、やはり一緒に下へ降りていく。

とうとう一番下までたどり着く。
外へ出ると、今まで自分が出会った顔ぶれが大勢いて拍手で迎えてくれる。
みんなから「ずっと待っていた」と言われる。

------------------------------------------------------------------------------------------

この頃の私は「自分が本当にしたいことは?」とずっと自分に聞いてきて、ずっとしないことを選択してきました。
この絵がすべて自分の無意識を表しているとするならば、私が下まで降りてくることを心待ちにしていた私自身がいるということ。
なのに「まだ本当かどうかわからない」と信じていない私がいたのです。

ビルの一番下は「本当に信じているところ。確信しているところ」


この時のメッセージはとても心に響きます。
「私はセラピストである」という確信をもって、誇りをもって生きていこう。
そう決めたのです。



今でも私の大切な大切なメッセージの一つです。
スポンサーサイト



楽しい個人セッション
数ヶ月前から、クエストの紹介で個人セッションを開始しました。
今、2人のクライエントさんを担当しています。

個人セッションは、自分がセラピストとして活動していく上で、是非とも実現させたかった取り組みのひとつだったので、自分自身も楽しみながら毎回セッションに臨んでいます。

けれど、クライエントさんのお話しを聞けば聞くほど、自分とリンクする部分を見つけてしまって、正直アイタタタ・・・と思うこともしばしば。
自分に似た人と出会う、というよりは、その人の中にある自分と似た点が浮き彫りになってしまうのかも知れないなぁ★

アートの受講生だった頃、初めてのゲストカウンセリングの時、うまくやろうとする気持ちばかりが先立って、クライエントに寄り添うことが出来ていなかった自分を思い出します。
曲がりなりにも、今、こういう活動をしている自分を、承認してあげたい気持ち。


あぁ~、私、癒されたいのかなぁ。
最近、多忙すぎて、まったく余裕のない私。。

ひとつ落ち着いたら、温泉にでも行ってこよう。
あ、あとは、Holiday Seasonのお買い物だね♪

みんなはサンタさんからどんなプレゼントを受け取るのかな??
Copyright © CATCブログ:現役アートセラピスト達の声. all rights reserved.