FC2ブログ
夢の実現までの軌跡④~解決のヒント~
こんにちはユッキーです。

GW最終日にキャラバンでアートワークショップを開催しました。
キャラバンの主宰者でもあるアムサレム希さんがファシリテーターをつとめ
「Sun Cather」というタイトルが似合う天候になり
私たちは参加してくださった皆様と素敵な光を手に入れました。
心よりお礼を申し上げます。


それでは改めまして前回のブログの続きです。
前回はアートセラピスト養成講座再受講の「事始めの絵」から
もらったメッセージについてお話しました。

毎回、この講座では新しい技法を学ぶのですが
そのたびに自分も絵を描いて、自分の絵から学びます。

第2回目はコラージュです。
自分のお気に入りの写真や雑誌の切抜きを切り貼りします。
好きな写真を探してからイメージする方もいるでしょう。
あるいは直感で決めるタイプ、いろいろですね。

そうして出来上がったコラージュから、自分を見つめていくという作業をします。
一人でも出来るし、セラピストに力を借りる時もあります。

写真を切り貼りしただけなのに、ビックリするほど気づきが得られるんですよ!
この時は、2つのモチーフを選んで、好きな場所に貼りストーリーを作りました。

 DCF_0072.jpg


タイトル「どこ行こうかな?」
『青い車はこの男の車。男は免許を持っていないが運転は出来る。「標識とかはわからないけど大丈夫かな・・・
どこへ行こうかな?」と不安と期待が入り交じっている。車のドアは天井ごと上に持ち上がる仕組みになっていて
未来型でカッコイイ。その車に乗って遊びに行く』


この2つの切り抜きと簡単なストーリーのみで、自分を更に掘り下げて深めていくことが可能です。

この人はどこに行こうかなと考えながら具体的には考えていない。
免許がないことに不安も感じているが無免許で運転できる自分という存在にすごさとか
人と違うことをしている快感なども感じている。
人を驚かせたい欲望のようなものが常にある。
個性的でありたい。
人と違う特別な自分でいたい。
自分の価値を見出したい・・・などなど


ただ表現されたものから、このコラージュ(絵)の気になる人やものにフォーカスを当てて
どんな状態なのか?何を感じているのか?などを深めていきます。
それだけでも十分気づくことが出来るのです。

このコラージュから私は「父親の期待に応えられない自分との葛藤」に気づきました。

免許がなくても車には乗れるけれど、現実の生活を生きるには、社会の枠組みに反して生きることになるので難しい。
父親の期待が社会の枠組みだとしたら、免許を持たないという生き方が、その頃の自分をあらわしていたのかもしれない。

そして解決へのヒントは・・・
新しい考え、新しい信念をつくること。
新しい信念とともに、自分を責めるのではなく、承認し続けていく生き方。
そんな生き方があるんだということを、アートは教えてくれました。

このヒントは、講師よりフィードバックをもらい得られたものです。
この講座ではアートセラピーを学ぶだけでなく、これからの自分を楽しく幸せに生きるヒントが満載!
講座もおすすめですが、まずはアートセラピーを体験してみるところからいかがでしょうか?
キャラバン一同いつでもお待ちしております☆
スポンサーサイト



Copyright © CATCブログ:現役アートセラピスト達の声. all rights reserved.